デリヘルの開業は簡単?

デリヘル開業の要件は結構緩い

単純に警察への手続きについてだけ言ってしまうと、デリヘルを開業するのはかなり簡単と言えると思います。

かなり大雑把ですが、事務所となる部屋が一つあれば警察への申請はできてしまいます。もちろん決めることはいろいろありますが。

デリヘルの開業届は正確には無店舗型性風俗特殊営業届と言いますが、同じ風俗関係の申請である風俗営業許可と比べてかなり申請のハードルが低くなっています。

風俗営業許可はキャバクラやスナックを開業するのに必要な許可で、一見すると性風俗である無店舗型の申請のほうがハードルが高そうですがそうではありません。

風俗営業許可ではお店のある場所に関して厳しい決まりがありますが、デリヘルの事務所は特に場所に対する決まりがなく、どこでも営業可能です。

また、申請者に対する要件も風俗営業許可では過去の法律違反者などは一定期間は許可申請できませんが、無店舗型の申請者には特にそういった要件が求められることはありません。

これらの要件の緩さからか、これまで風俗業の経験がまったくないような方からのご相談も弊所では非常に多いです。

 

事務所は自宅でもOK、待機場所はなくてもOK

では開業に最低限必要な「物」についてみてみましょう。

まず、デリヘルを開業するためには事務所が必ず必要となりますが、これは専用の事務所でなくても構いません。なんならご自宅の部屋の一室でもOKです。

むしろ、最初から専用の事務所を借りると毎月の固定費がかかり、売り上げの無い開業当初はかなり痛手です。

また、賃貸物件の場合は大家さんからデリヘル営業に対する使用承諾書をもらう必要があるため、こういった物件を探すのも結構大変です。

大抵の物件では何か問題が起こるのを避けるためにデリヘルの営業を認めていないところがほとんどです。

お店の女の子たちの待機場所については無くても警察への申請では問題ありません。必要になったらあとから変更届で済みます。

 

お店の電話は携帯でもOK

申請上は電話番号は必ず必要なものではありませんが、現実問題として電話無しで開業することはないでしょう。

お客とやり取りする電話は携帯電話でもOKですが、お客に対する信用度を高めるために固定電話にする場合が多いようです。お店の電話番号が携帯番号だとなんか怪しい感じがするのでしょうか・・

パソコンは顧客の管理などのために必ず必要ですがそんなに高いものでなくても問題ないでしょう。

 

広告宣伝費(ホームページ)にはお金をかける

お店を早期に軌道に乗せるためにも必ず必要なのはお店のホームページですが、ここにはやはりお金をかけたいところです。

デリヘルの場合は自己でHPを持つよりは、デリヘル専用の情報サイトに代理店を通して登録する場合がほとんどですが、この登録料金がピンキリなわけです。

毎月の登録料が高いタイプであれば当然、お客が検索したときに上のほうの順位になりますが、登録料が低いタイプのものの場合は検索してもなかなかでてきません。

弊所のお客様で安定して営業されている方をみると、小規模でやられているお店でも、HP等の広告費には最初から数百万単位のお金をかけているようです。

逆にそこにお金をかけれない方はお店がなかなか軌道に乗らず苦労されているように感じます。

 

他にはお客のところへ女の子を運ぶための車が必要となりますが、当然自家用車でも問題ありません。

とりあえずデリヘル開業に必要な物についてはこんなところでしょうか。

小規模で始めるならできるだけ初期費用はかけたくないですが、お店のHPなどの宣伝広告費と最も重要な女の子の求人費用についてはなるべく投資するようにしたいところですね。