風営法専門行政書士におまかせください!

【受付:9時~20時】土日祝日も対応

はじめまして、行政書士の光野井です。 風営法の手続きでお困りですか? 水商売を始めるにあたって風営法の手続きは避けて通れないですが、一般の方がやるにはかなりハードルが高い手続きではないでしょうか。 ましてや開業準備で忙しいのに、必要な許可は?必要な資格は?必要な書類は?など調べている暇はないでしょう。 そんなときはぜひ当事務所へご相談ください。 当事務所は風営法手続き専門でやってますので、必ず皆様のお力になれると思います。 もしかしたらご相談だけで問題が解決するかもしれませんよ。

風営法各種手続き

風俗営業許可1号 16.5万円~(税込)

【キャバクラ・スナック・フィリピンパブなど】
「接待営業」を行うお店には必ず必要な許可となります。
飲食店許可取得、必要書類の取得、周辺調査、図面作成などすべての手続きを一括でお引受け致します。面倒な作業は当事務所へお任せください。

続きを読む

深夜営業許可 7.7万円~(税込)

【ガールズバー・居酒屋・ダーツバーなど】
朝まで営業が可能となりますが、「接待営業」はできません。風俗営業許可との違いについてはお気軽にご相談ください。

続きを読む

無店舗型営業許可 6.6万円(税込)

デリヘルを開業するために必要な許可となります。
申請書類の作成、使用承諾書の作成、図面作成など一括でお引受け致します。
書類のみ作成も承ります。

続きを読む

麻雀店の営業許可 16.5万円~(税込)

麻雀店を開業するために必要な許可となります。
開業できる地域が法律によって限定されているため、どこの場所でも開業できるわけではありません。詳細についてはお気軽にご相談ください。

続きを読む

ゲームセンターの営業許可 22.2万円~(税込)

【ゲームセンター・カジノバーなど】
ゲームセンターの営業許可は風俗営業許可の中でも非常に手間のかかる面倒な許可です。必ず風俗専門の行政書士にご依頼ください。

続きを読む

特定遊興飲食店営業許可 19.8万円~(税込)

【ナイトクラブ、スポーツバー、ライブハウスなど】
ショーの鑑賞、バンドの生演奏、ダンス、スポーツ映像の鑑賞など、これらの行為を店側が積極的に提供する場合には特定遊興許可が必要となる場合があります。
ただし、取得できる地域がかなり限定されています。詳細についてはお気軽にご相談ください。

続きを読む

飲食店営業許可 3.3万円~(税込)

ほとんどの場合、風俗営業許可(深夜営業許可)とセットで取得が必要となります。
セットでご依頼で場合は格安でお引受け致します。

続きを読む

変更届 3.3万円~(税込)

構造変更、管理者の変更、店名の変更、その他各種変更届に対応致します。
会社設立後に法人名義での許可取得、個人許可からの法人成りもご相談ください。

続きを読む

最新ブログ

5つのお約束

①許可に必要な要件はすべてこちらで調査致します

許可取得には多くの要件を満たす必要がありますが、必要な要件を満たしているかについてはすべてこちらで調査致しますので、皆さまは開業準備に専念されてください。

②必要な書類はすべてこちらでご用意致します

書類の収集・作成、周辺調査、測量、図面作成等の面倒な作業はすべてこちらで行います。皆さまにはご本人でなければ取得できない書類のみご用意ください。

③皆さまが警察へ行く必要はありません

面倒な警察とのやり取りはすべてこちらで行いますので、皆さまが警察へ行って警察の方とやり取りする必要はありません。ただし、許可証の受取りに関しては、ご本人でないと受け取れないことがあるためその際はご協力をお願い致します。

④皆さまが当事務所へ来る必要はありません

皆さまとの打合せの際はすべてこちらから皆さまの元へお伺いさせていただきますので、皆さまが当事務所へご足労いただく必要はございません。遠方の皆さまも安心してご相談ください。

⑤追加費用の請求はありません

費用の総額は必ず事前にお見積りをご提示致しますので、後から追加の費用をご請求することはありません。途中で発生したイレギュラーな内容に関しては、その都度ご相談させていただきます。

風営法手続き費用

 基本報酬
(税込)
申請手数料
風俗営業許可165,000円~24,000円
深夜営業許可77,000円~
無店舗型営業許可66,000円3,400円

飲食店許可費用

 基本報酬
(税込)
申請手数料
セット料金33,000円
17,600
飲食店営業許可のみ66,000円17,600

 

風営許可ここが大変!

営業場所の確認

t-7

風俗営業はどこでも営業できるわけではありません。店舗のある場所が営業できる地域なのか、また、学校や病院などの保全施設から必要な距離が取れているかなど事前に調査しなければなりません。

店内の構造確認

t-8

店内は「見通しを妨げる設備がないこと」「2部屋以上の場合は必要面積を確保できていること」「必要な明るさが保てれていること」など、その他にも多くの要件を満たしている必要があります。

店内測量と図面作成

t-1

許可を取るためにはお店の構造要件を満たした図面を5~7枚程度作成し提出する必要があります。建築図面とは違い、この申請独自の細かいルールに乗っ取って図面を作成しなければならず、また、正確な図面を作成するためにはCADを操作できるスキルが必要となります。

警察への申請

t-10

必要書類が揃ったら所轄の警察署へ書類を提出します。警察の書類審査はかなり厳く、警察へ申請する書類の独特なルールを理解した上で作成しないとなかなか受理してもらえません。慣れない者であれば数回程度は警察を往復する覚悟が必要です。

実地調査

t-9

申請から3週間前後で浄化協会と警察による店内の実地調査が行われます。実地調査では、店内が図面と相違ないか細かくチェックされ、図面と違う部分があれば図面の修正を命じられます。また、構造要件を満たしてない箇所が見つかった場合は工事が必要になるケースもあるため、申請前にしっかりとした構造確認を行うことが重要となります。

警察の立入調査

t-3

許可が下りた後も油断はできません。許可取得後1月~2月以内に警察による立入調査が入ることがあります。そこで何か不備があれば後日警察へ出頭するよう命じられることもあるので、事前に対策をしっかりと取っておく必要があります。

深夜営業許可の取得もご相談ください

ガールズバー

t-16

ガールズバーの営業では接待営業が問題となることが多々ありますが、カウンターしかない店であればそれほど問題となることはないでしょう。ただし、特定客の前に女性バーテンが長時間居座るような状態が続くと、接待とみなされることがあるため注意が必要です。

スナック

t-17

スナックの場合は、カウンターのみ設置の店であれば接待についてそれほど問題となることはないですが、実際はボックス席を設置している店が非常に多く、キャストを同席させるのであれば風俗営業許可が必要となりますのでご注意ください。

居酒屋

t-18

深夜12時を超えてのお酒の提供には深夜営業許可が必要となります。居酒屋の場合、客席ごとに仕切られていることも多く、深夜許可の構造要件を満たさない可能性もあるため、開業前に許可要件はしっかりと確認しておくことが重要です。

許可実績

ANPONTAN様

j-1

Rire様

j-2

キャバクラ店様

j-3

フィリピンパブ様

j-4

マミーのとなり様

j-5

Palvino様

j-6

お役立ち情報

PAGE TOP