【風営法】アミューズメントカジノ営業時間は何時までOK?行政書士が解説

アミューズメントカジノは風営法の規制がかかる

ポーカー、バカラ、ルーレットなどを楽しむアミューズメントカジノを営業するには風俗営業5号許可が必要となります。

そのためアミューズメントカジノの営業は風営法の規制内で行われることになります。

5号許可はゲームセンターと同様の許可となりますので、営業時間についてもゲームセンターと同様の営業時間になります。

ゲームセンターの営業時間については都道府県による違いもあるため、各都道府県の風俗営業等の~法律施行条例の確認も必要となります。

 

風営法による規制

風俗営業は午前0時から午前6時までその営業を営んではならない。

ただし、都道府県の条例に特別の定めがある場合は~午前0時以後において当該条例で定める時までその営業を営むことができる。

 

東京都条例

午後6時~午後10時の間は16歳未満の入店については保護者の同伴が必要

埼玉県条例

午後6時~午後8時の間は16歳未満の入店については保護者の同伴が必要

 

まとめ

アミューズメントカジノの営業は、朝6時~深夜0時までの間で可能。※公安委員会規則で定める一部地域については深夜1時まで

営業時間は深夜0時までとなりますが、これは深夜0時に営業を終了し、お客はすべて店外へ出てもらう必要があります。

16歳未満の入店については都道府県の条例によることになりますが、条例の内容については本来ゲームセンターの立ち入りについて規制した内容となります。

アミューズメントカジノはゲームセンターに比べ、より風俗営業の色が濃いお店なので18歳未満の入店については極力控えたほうがいいでしょう。

また、アミューズメントカジノは賭博行為の疑いにより、他の業態の風俗店よりも警察の監視が厳しいことも挙げられます。

 

リンク

18歳未満でも入店できる?年齢による入店制限はあるの?

これは賭博行為になるの?どこまでやると違法行為になるのか

アミューズメントカジノバーは深夜営業できるの?

必要な風営法許可と営業中の注意点について

 

クリップ行政書士事務所は風営法専門事務所です。
難解な風営法ですが、お客様にわかりやすくご説明致しますのでご安心ください。また、弊所は土日祝日も休まず営業していますので、風営法の手続きでお困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。
クリップ行政書士事務所
行政書士 光野井良浩