スナックの開業、管理者は誰にしておくのがベター?

スナックの管理者は誰でもなれる?

風俗営業許可を取ってスナックを始める場合は、

店に常駐する管理者を設置しておく必要があります。

 

管理者となる者は営業者本人がなってもいいですし、

雇われママさんなどがいれば、そのママさんにやってもらっても問題ありません。

 

ただし、管理者は店に常にいなければいけないので

他の店と掛け持ちしている人は管理者にはなれないのでご注意ください。

 

何か問題があった時の管理者の責任は?

管理者は要件さえクリアできていれば誰でもなれるわけですが、

営業者以外では常に店の状況を管理する者なので

もし、店の営業で違法行為などがあった場合、状況によっては、

営業者と同様に処罰を受ける可能性があるので、

管理者となる人にはその点を十分説明しておく必要があるでしょう。

 

管理者が辞めてしまったら?

雇われママさんなどを管理者にする場合は

管理者に選任後、店を辞めてしまうことも考えられます。

その場合は2週間以内に別の人を管理者に選任し

警察へ管理者の変更届を提出する必要があります。

 

管理者となる人は毎日店に出勤できる人でなければならないので

すぐに見つかるとは限りません。

管理者については常に第二候補を決めておいた方がよいでしょう。

 

後のことも考えて管理者を選任しよう!

管理者は後に辞めてしまうこともあります。

また、他の店との掛け持ちもできません。

許可申請の際にはその点を十分検討して

管理者となる人を決めたほうがよいでしょう。

クリップ行政書士事務所は風営法専門事務所です。
難解な風営法ですが、お客様にわかりやすくご説明致しますのでご安心ください。
また、弊所は土日祝日も休まず営業していますので、風営法の手続きでお困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。
クリップ行政書士事務所
行政書士 光野井良浩