熊谷保健所にて飲食店営業許可の申請に行ってきました。

先日、上熊谷駅近くの店舗にて飲食店営業許可と深夜営業許可のご依頼をいただいたので、本日は熊谷保健所にて飲食店営業許可の申請に行ってきました。

警察へ深夜営業許可の申請をする場合は、飲食店営業許可証のコピーを提出しなければならないため、許可取得の順番としては先に保健所の許可から取ることになります。

 

今回の店舗は水回りの設備で許可要件に引っかかるところがあったので、要件に沿うように事前にお客様にいろいろとご対応いただいての申請でしたが、それでも保健所からは少し不備を指摘されてしまいました。

こちらとしては設備要件に合致するように手直しをしたつもりだったのですが、審査する側としてはそう解釈してもらえなかったようです。

申請自体は受理されましたが、実地調査までに少し設備の手直しが必要となりそうです。

 

飲食店許可の許可基準は基本的にどこの保健所でも共通の基準とはなっていますが、実際のところは保健所によって許可基準に違いがあるのが実情です。

申請者にとって基準が緩い分には助かりますが、非常に厳しく審査されることもあるため、申請の段階で厳しい審査をクリアできる状況を整えておくのが理想的ですね。

 

飲食店許可の要件はそれほどむずかしくはありませんが、調理場の設備要件は以外と細かいので、始めての申請の方だと何度も保健所に行く羽目になってしまうかもしれません。

昼間はお仕事で時間があまり取れない方などは、専門の行政書士に相談した方がいいかもしれませんね。

クリップ行政書士事務所は風営法専門事務所です。
難解な風営法ですが、お客様にわかりやすくご説明致しますのでご安心ください。
また、弊所は土日祝日も休まず営業していますので、風営法の手続きでお困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。
クリップ行政書士事務所
行政書士 光野井良浩