許可が下りるまでの期間は許可ごとに違う

申請から許可が下りるまでの期間は許可によって違いがあります。

風俗営業許可が申請から許可が下りるまでが最も長く約55日程かかりますが、深夜営業許可と無店舗型性風俗営業許可は期間が短く10日程となります。(埼玉県の場合)

風俗営業許可⇒55日以内

深夜営業許可⇒10日程

無店舗型性風俗営業許可⇒10日程

埼玉県では審査期間に土日は含めますが、東京都では審査機関に土日を含めません。

審査期間に土日を含めるかどうかは、都道府県によって違いますのでご注意ください。

深夜営業と無店舗型の許可は10日程で出るのでお店の開業にそれほど影響がでることはありませんが、風俗営業許可の場合は申請から許可が下りるまで約2ヶ月かかりますので開業までどのように過ごすかは悩みどころではないでしょうか。

たまに「そこなんとかなりません?」とお客様に聞かれることがありますが、残念ながら審査期間が短くなるような裏技は持ち合わせておりません。

というか審査期間がこちらの都合で短くなることはないです。

こちらできるのはは、申請までをいかに早くするかに限られます。

 

とにかく早く「受理」してもらう

風営法の申請では警察が「受理」したところから審査期間がスタートするので、いかに早く「受理」の状態に持っていくかが行政書士の腕の見せ所となります。

申請書類をプロらしく綺麗に作るも行政書士の仕事ですが、ここだけの話、多少書類に不備があっても1日でも早く受理してもらったほうがお店のオープンがそれだけ早まることになります。(もちろん例え話ですけどね)

 

図面作成は専門家に頼むのがベスト

風俗営業許可の申請は行政書士の業務の中でも特殊で、お店内部の図面を作成して提出しなければなりません・。

ですが、行政書士は書類作成は慣れていても図面の作成ができる者はそうはいません。

また、図面作成の前には店内の測量を行う必要がありますが、これもかなりの経験が必要となり、経験のない者ではとてもできる作業ではありません。

私が以前お客様から聞いた話では、前に行政書士に頼んだときは依頼して許可が下りるまで3ヶ月以上かかってしまったなんてケースもあります。

 

風俗営業許可の申請は専門の行政書士へ!

みなさんが行政書士に仕事を依頼するときは、ご自身にツテがなければ知合いに紹介してもらうケースもあると思いますが、風俗営業許可の申請に関しては慣れている者がやる場合と、そうでない者がやる場合では許可が下りるまでの期間に数週間の差ができてしまう可能性があります。

もし行政書士をお探しの場合は知り合いにご紹介してもらうのも結構ですが、できれば風営法を熟知している専門の行政書士へ依頼することをオススメ致します。

 

クリップ行政書士事務所は風営法専門事務所です。
難解な風営法ですが、お客様にわかりやすくご説明致しますのでご安心ください。また、弊所は土日祝日も休まず営業していますので、風営法の手続きでお困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。
クリップ行政書士事務所
行政書士 光野井良浩