風営法許可は非常に難解で手間のかかる作業なため、申請者本人が1人で行うには非常にハードルの高い作業となります。

風営法許可は行政書士の独占業務ではありますが書類作成以外に、周辺調査、店内実測、図面作成、警察との折衝など他の許認可業務とは作業内容が全く違うため、例え行政書士であっても専門の知識や業務経験のない者には非常に難しい手続きとなります。

また、都道府県によっても手続きのルールに違いがあることが多く、そういった違いについて申請先である警察と緊密に折衝できるスキルも求められますが、風営法許可の手続きは情報量が非常に少なく手間がかかる作業なため専門的に対応している行政書士が少ないのが現状です。

当事務所は開業当初から風営法許可専門の事務所であり、また特に審査が厳しいと言われている埼玉県内の申請について多くの実績があります。

もし風営法の手続きについてご相談したい行政書士をお探しであればお気軽に当事務所までご相談ください。